« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

集合写真

 Photo                                                       久しぶりに部員の集合写真をアップします。みんな元気ですが、3年の畑中が日大受験で欠席、2年原田が風邪で欠席と2名を除く9名と私で撮影したものです。

 午前トレ後に撮影したものですが、スプリント系のスピードを入れた直後の写真ですので晴れやかな笑顔とまではいかなったのですが、皆元気で順調な練習が出来ております。

 休日明けの12月1日から後期中間テストも始まるため、勉強と部活動の両立に必死といったところです。期末試験は受けられないスケジュールとなるため、是非とも評価につながる結果を残してくれることを期待しています。

Photo_2 左の写真は私の自家用車でもあり、部車でもあるマイクロバスです。先日車検を通しましたが現在17万キロを越えています。今シーズンが終了する頃には20万キロとなっているでしょう。結果の良い時も悪い時も何も言わずに部員と大きな荷物を運んでくれている車です。前回のマイクロバスは18万キロでエンジントラブルで廃車になったのですが、この車は頑張ってくれています。

 今シーズン、何事もトラブルなく走ってくれることを期待しています。部員皆へ…大切に使っていきましょう。

| | トラックバック (0)

新兵器

 今シーズンから『WAX-FUTURE(ワックス・フュチャー)』というスイス製MONTANA社の赤外線照射式自動WAXマシンを使用してレースに臨みます。

 毎年WAX代が嵩む中、特に高額なフッ素系WAXの消費率がネックとなっておりました。通常はアイロンでWAXを溶かすのですが、スキー板のサイドにもこぼれ落ちてしまいます。しかし、このマシンを使えば、WAXがこぼれ落ちることなく浸透します。つまり、WAX消費率の軽減とよりスキーにWAXが浸み込み、滑走持続性が高くなるという2つの利点から購入を決意しました。価格は80万円と高額でしたが、長いスパンで考えるとWAX代の軽減にもつながり、かつ現地に持ち運びが可能なマシンですので滑走持続性あるスキーがいつも出来ることを考えると、高くはない買い物であると思います。

 世界では、チーム単位で持っている所も多いそうですが、日本では現在全国チューンナップ店で10台未満であり、現地まで持ち運んで使用するのは、間違いなく我がチームのみと思います。

 なお、納品は12月下旬か1月上旬になるそうです。ちなみに当部のOBであり、現在『ノースヒーロー』というチューンナップ店があり、我がチームもここでストーンフィニッシュという滑走面の手入れをいつも協力的にしていただいているお店ですが、ここにも新兵器がありました。その写真が下です。

 このマシンとスキー、そしてそれを操作する部員達かせ今シーズン飛躍する年となることを願うばかりです。

Photo

Photo_2

Photo_3

| | トラックバック (0)

北海道スポーツ賞受賞

 Photo_2                           20日午後4:00より上川支庁教育局長室にて北海道スポーツ賞授賞式が行われました。

受賞者は1年生の石川謙太郎と石川潤です。いずれも全国中学大会ですが、08年にCLで潤が優勝、09年にCLで謙太郎が優勝、そして北海道初となるリレー競技において昨年の09年に優勝したことが評価されての受賞となりました。すべて過去の実績という足跡が評価されてのうれしい受賞となりました。おめでとうございます。現在、2名共に新たな一歩を踏み出し、未来に向かって力強い足跡をつけている最中です。その足跡の軌跡がいずれ人々を感動させ勇気づけられるような、しっかりとした軌跡が残せるよう、頑張って欲しいと思います。

Photo_3 この3連休は、旭岳にてびっちりと雪上トレです。若干のスピードトレを入れながら、フォームの微調整を行っている段階です。

さて、左の写真は午後3:00の写真です。パァーと晴れ上がり、夕陽に映し出された旭岳山頂を撮影しました。

何も飾ることのない大自然。しかし、とてつもない存在感と輝きを見せてくれます。人間は見栄・虚勢・意地を張り、そして表面を着飾って存在感をアピールしようとしていっぱいの背丈を伸ばし余計なストレスをかけて生きている人々が多いですよね。人間も所詮、大自然の恵みが無ければ生命維持が出来ないちっぽけの存在なのに・・・。大自然と共生し合い、知恵を学び、そしてその恩恵に感謝する心から素直で着飾らない本来の生き方で輝き、存在感のある人間として成長したいものです。自然はそのことを何も言わずに伝えてくれていると思った今日でした。

| | トラックバック (0)

順調

 久しぶりの更新となりました。12日から昨日まで、北海道体育協会主催の強化合宿を旭岳で実施。1日から初乗りし、早18日間が経過しましたが、その内の10日間をびっちり雪上トレの時間として練り上げておりました。非常にスムーズにオフトレからの切り替えが出来たと確信しております。まだ、細かな修正点はあるものの、オフで練習してきた成果が着実に実を結んでおり、スキーの進み具合も春とは比べものにならないほどの成長がはっきりと見てとれます。今後は、スピードアップへ向けた強化を練る中で、各自の修正点の微調整を行っていく計画を企てつつ実行していきたいと思います。

 3年前から深いお付き合いをいただき、苦しい時も中々実績が上がらない時も共に痛みを感じていただきながら、常に前向きな思考とリスクをリターンへと変える高田先生の大きなお力添えをいただきながら、やってきたことが着実に結実しそうな予感がしています。

 そして、部員達もそれに答えようと一心不乱な集中力を持ちつつ、円滑なる動作でリラックスできた動作が完成しつつあります。

 今シーズン【面白くなってきそうです。】

 静かなる闘志を胸に、力を貯めつつ、自己を磨きあげていく時期です。気を抜かずに計画的な努力を期待しています。

 先週末のFISレース(MUONIO/FIN)では夏見がスプリントCLで7位。10kmCLでは石田が8位と順調なシーズンインとなり、バンクーバーオリンピック出場は確実と思われます。前人未踏であり自分未踏といえる日本史上初のメダル獲得へ向けた好スタートを切ったと感じています。また場所は別(Beitostlen/NOR)でしたがOGの大林がF/26位・CL/33位と安定した成績での好位置をキープしており、来週のW杯(Beitostlen/NOR)で好結果を生めば自分未踏となるオリンピック初出場という目標が達成できそうです。

 さぁ、先輩達も現役選手として世界の大舞台で自分未踏を着実に実現してきています。その先輩達の活躍をエネルギーとして自分未踏を今シーズン達成できるよう、頑張っていきましょう。

| | トラックバック (0)

お知らせ

 この度、ブログ内のリンク先に当スキー部OB・OGで組織している“雪煙会”のページを入れました。まだ内容が表示されていない状態ですが、今後リレー形式(人伝方式)でOB・OGの方を紹介したり、組織の活動報告や事業計画等、内容を盛りだくさん掲載していくとのことで、このOB・OG会が更に発展していくことを期待して作成したものです。事務局も一丸となって頑張っていくとのことですので、皆さんよろしくお願いします。(準備に少し時間がかかりますが、お気軽にお待ちください。)

 また、当スキー部のOGである夏見・石田もブログを持っており、彼女達の現在や一日の感想なども書いていますので、同じくリンク先に入れておきました。どうぞチェックしてみてください。

| | トラックバック (0)

雪上トレ開始

 今日からいよいよ雪上トレが開始となりました。朝、自宅前の積雪が5cm程となっており、旭岳は相当の積雪があるな?と思いきや、いざ到着してみると下界と変わらぬ積雪量でした。林道の往復500mぐらいをグルグル90分走りましたが、スキー馴化という意味では良しとするべきですが、トレーニング効果としてはイマイチ。午後からは、いつも慣れ親しんでいる21世紀の森へ移動。キャンプ場の芝を利用した方が効果があると思っての決断でした。やはり管理されていた芝の上の雪上トレは効果的でした。1周800mぐらいの周回でしたが、登り・下り・平地ありのバランスの取れたコースで120分のトレーニングが出来ました。明日以降も継続的な寒気が入るとの予報が出ており、いよいよ本格的なシーズン突入となりす。オフトレで頑張ってきた成果がしっかりと出るよう頑張っていきたいと思います。今日の午後トレの風景を写真に収めましたのでご覧ください。

Cimg1219 Cimg1220 Cimg1221 Cimg1222 Cimg1223 Cimg1224

| | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »