« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

今日から

今日から2年生は、午前7時に学校出発で修学旅行に出掛けます。場所はグアムで、29日に帰国しますが怪我・事故の無いよう、楽しんできて欲しいものです。 私はというと、今日の夜行列車に乗り、まず東北方面へ出張し28・29日は東京にて全日本スキー連盟会議を行い、その後にまた北上して岩手に出向き、30日に帰旭します。3年生のみが学校での勉強と部活動となりますが、しっかりと頑張ってほしいと思います。全体でのトレーニング再開が31日となりますが、雪上トレーニングができる可能性大といえますので、それぞれの立場でしっかりと目的意識をもって行動してください。
追伸 今日午後1時からスポーツ雑誌『Nunber』の取材があります。バンクーバー五輪で史上最高順位を獲得した石田正子の高校時代の話しを聞きたいとのことで来校します。1~2月号に掲載されるそうですが、クロカンがより多くのメディアに載ることで、より多くのファンや競技者の底辺拡大に繋がってもらえればと願っています。是非、皆さんの購読をお願いします。

|

宿題と回答

 20日(水)本校は開講記念日のため、休業。ちょうどgoodタイミングで高田先生が急遽来校していただけました。理由は9月中旬に行ったトレーニングでの宿題に対する回答をするためでした。本当に頭の下がる思いです。ありがとうございました。

 午前中は今季取組んできた理論的な解説から入り、世界で活躍する選手の感覚や動きについての考察などの説明、そしてそこを動かすためのコンディショニングトレをみっちりと行いました。すべての宿題に対する回答をしていただけました。

1 午後は実践でのローラートレで確認。一人ひとりとの感覚的会話を通じ、状態を確認しながらワンポイントアドバイスをしてくれているところです。

2_2 もっと深くて細かい部分の指導が続きます。

部員にとっては難しいこともありますが、感覚的に身についてきていますので、高田先生のアドバイスに対しても、どんどん反応していました。

1_2 ローラートレの後は、河川敷の傾斜を利用し、ジャンピングトレを実施。

短い時間でしたが、かなりヘビーな内容でのトレーニングとなりました。

 追伸 今日22日朝は、10月で一番寒いマイナス気温となりました。車の窓も凍ってガリガ    リと落とさなければ運転できないぐらいの状況。来週は、天気予報でも雪マークがつくようになっており、シーズン到来もすぐそこまで来ています。

|

純粋な眼差し

16日の昨日、第二回目となるオープンスクールが行われました。午後からの当部のクラブ体験に地方からお母さんと共に訪れた女子生徒。純粋で素直な目の裏からギラギラと輝いた本当に強くなりたいという気持ちが突き刺さるように伝わって来た子がいました。我等の部員達も皆が高校入学時に強くなりたいという純粋な眼差しで本校スキー部の門を叩いて来た生徒ばかりです。波長が合うと直感で感じ取りました。改めて、そんな子供達を競技的にも人間的にも絶対に強くさせてあげなければという責任感に火がつく思いをし、嬉しく感じた一日となりました。
さて、今日もギラギラとした眼差しで挑んでくる部員達と共に頑張っていきたいと思います。

|

10月の3連休

 3連休初日の9日は、中学生向けのOPスクールがありました。10時開始で当部員はすべて体育コースに所属しておりますので、その様子の一部をご覧ください。

Aps1 今回は第一回目でありましたが、2回目は16日に行われます。

 左の写真は、器械運動をしているところです。授業の成果を中学生に見せようと一生懸命に頑張っておりました。

Aps2 次は、陸上授業の一部です。

午前中は、その他に柔道・バスケ・体育概論の授業を見学し、午後は、それぞれの希望クラブでの体験をしていただきました。

今回は約60名の中学生が参加してくれました。また、次回の16日を楽しみにお待ちしております。

Photo 10日は、午後5時から旭川市体育協会表彰式が行われ、全国高校で3位以内に入賞した男子リレーチーム(準優勝/鈴木・石川謙・石川潤・藤田)、女子リレーチーム(3位/畑中・小野・細谷)、男子個人(CL準優勝/石川謙太郎、F3位/石川潤)、女子個人(F準優勝/小野智美、F3位/畑中志乃)の2団体4個人が表彰を受けました。

Photo_6 会場は、旭川市長を含め100名程の各スポーツ団体からの参加者がおり、大変盛大に行われた会でした。

スキー連盟で表彰された方々とその関係者及び旭川市長を囲んでの記念写真を撮影。中央右に大きなリボンをつけているのが西川市長です。

Photo_2 表彰後の祝賀会では、ここぞとばかりに沢山食べている部員達です。

 このテーブルの食事では足りなかったようで、隣の体育協会評議員さんの席からも差し入れをいただいていたようです。

ごちそう様でした。

Photo_3 9日がOPスクールで登校日であったため、その振替休日が12日となっており、午前午後のトレーニングをしっかり終えたあと、『環境と健康』をテーマに講演をいただきました。

自らの健康体や地球環境を維持するためには、しっかりとした知識を持ち、自らが良い物を選ぶことが大切であると改めて感じさせられました。

Photo_5 特に口から入るものは消化され、ほとんどが排出されますが、肌にいれる物は発汗でしか排出されなく、使用する物には特に注意してほしいとのことでした。

以上のことを実際に知っていただくためとのことで、当部員を使って実験をしているところが左の写真となります。

講師でありましたシナリー化粧品の社長様、海老原様、本当にお世話になり、ありがとうございました。

| | トラックバック (0)

DVD鑑賞

 無事、秋季短期合宿も終えました。天候にも恵まれ、予定通りのトレーニングが消化できました。スピード動作でのビデオも毎日確認し、翌日に活かすといった形での日々であり、ローラー主体の合宿となりました。

 そんな確認をした後のこと。私から、比較のために昨シーズンのレースDVDを観てみたらと声を掛けたところ、早速いろいろなレースの確認へ入りました。『ヒドイ』『こんな走りをしていたんだ』など現状の走りとの違いにビックリしていました。日々の変化や成長は少ないかもしれませんが月日を沢山重ね、多くの時間をトレーニングに費やしてきた結果がこのような大きな変化や成長に繋がっていることに自信を深めてもらえればなと思っています。

 これからも決して現状に満足せず、【日々進化、日々成長】するという向上心を持ち続けることが重要であり、かつこうような進化・成長できる裏側には多くの支援をしてくれているスタッフがいるということを必ず心に受け止め、結果で恩を報いるという強い信念と実行力を期待しています。

1 自炊合宿でしたので、厨房で奮闘しているところです。

 親の苦労が少しは理解してくれたと感じています。

 何事にも表裏があります。見えない裏方さんの苦労に気付く心を体験してくれたのではないでしょうか。

1_2 そんな裏方さんの甲斐があっての食事です。この日の夕食は、ジンギスカンでした。いただきますをする前の1枚です。

 部員は9名おりますが、2名は現在、全日本合宿で長野菅平で奮闘中のため、7名での合宿をしておりました。

1_3 このブログには、初登場の鈴木さんです。21世紀の森施設の番人です。

 この露天風呂は鈴木さんの手作りであり、自宅の庭にあります。私も生徒達も毎日この風呂で癒されておりました。

 お湯の燃料は薪ですので、お昼ぐらいからたき始めなければならないのですが、仕事の合間を見つけて準備してくれていました。

 感謝感謝です。

 

|

秋季短期合宿

10月に入りました。稲刈り作業も終了し、日の暮れもどんどん加速する季節となり、下旬には雪上トレが開始できることを考えると、オフトレもいよいよ総仕上げの段階に来ています。現在、9月30日から10月3日までの4日間の合宿に入っています。本校は2期制なため、前期が終了し後期までの間、若干の秋休みがあり、その休みを利用しての合宿に来ています。この合宿は自炊合宿であり、当番を決めて炊事をさせています。包丁の使い方や切り方等も学習していますが、千切りがぶつ切りになってしまったりなどの問題点も多々ありますが、誰も文句を言わずに、しっかりと美味しく食事をしています。いずれは、自立し自らのエネルギーで健康体に生活を営まなければならない時期が必ず来ます。その中でも食事はとても大事でありバランス良く、しっかりと美味しく食べれなければ、良い仕事も出来ません。そんな社会人となる準備段階の高校生において炊事は経験しておかなければならない大事な出来事と捕らえています。
トレーニングも順調に推移しています。課題のクリアと共にまた新たなクリアしなければならない課題もあったりしますが、その先にはもっとスピード感のある走りの実現が必ずあります。
さて、今日もしっかりと練り上げるトレーニングを精力的に頑張っていきましょう。

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »