« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

プレゼント

 ここ数日、30度を超える真夏の暑さが続いていますが、部員達は皆元気いっぱいで順調にトレーニングを消化しています。

 さて、先日青森県の松田スポーツさんから帽子のプレゼントが贈られてきました。松田さん、本当にいつもお世話になり、ありがとうございます。

Dscf1088 北海道マークに旭川の地を表した★マーク。

道内のみならず、全国各地からも強くなりたい一心で親元を離れて、我がクラブに所属している生徒も多くおり、そんな気持ちを一つに、この旭川の地から全国・世界で活躍するスターが現れるようにと、情熱の赤を主体にしてくれたものと感じています。

Dscf1087 早速、プレゼントされた帽子を着用し、集合写真を撮りました。

さぁ、北海道の暑い夏は短いですので、しっかり乗り切って頑張りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

部員紹介【その4】

 今日の部員紹介は、2年田中ゆかりです。昨年の全国高校では1年生として2冠達成。昨年時の目標はあくまで世界との差を実感することでしたが、世界の強豪選手を前に萎縮してしまい、本来のパフォーマンスが発揮出来なかったようです。これも実力の内ですが、だからこそ【伸びしろ】がまだまだあると感じています。今年こそ、冷静なパフォーマンスを発揮し、世界の仲間入りが出来るよう、頑張ってほしいと思います。

 それでは、本人談です。

 昨シーズンノ目標は『世界Jr選手権出場』を最大目標として1年間トレーニングをしました。目標とするところまでは行けたものの、出場した結果は全く良くありませんでした。原因は標高1700m以上という高所に体が順応できなかった事、寒さによって体が固まってしまい動かなくなってしまった事などがありますが、それ以外にいつもと違う環境に自分自身を見失っていたことが調整中の宿泊先からレースの滑りまで影響してしまったという問題がありました。国内大会で良い感覚を掴めていただけに、自分の狙ったレースで力を出し切れずに終わってしまい悔しい遠征となりました。どんな環境下でも自分を見失う事なく、いつも通りの力を発揮できるようにならなければ、これからもまた同じ失敗をすると思うのでメンタル面でもタフになりたいと思います。

 また、昨シーズンはレースを重ねる毎に良かった感覚が薄れていくにも関わらず、それを自分で修正していくことが出来ませんでした。感覚が薄れていったという事は、しっかり自分のものに出来ていなかったということなので、来シーズンはその部分をしっかりと自分のものにしていきたいです。

 今シーズンの最大目標は、『全日本選手権優勝、世界Jr選手権入賞』です。

 国内ではシニアのトップを狙うくらいでないと世界Jrでの入賞は厳しいと思いますし、全日本選手権で優勝が出来れば、その次のシーズンで様々な海外レースのチャンスも広がると思ったからです。自らのチャレンジの場を広げるという意味でも今シーズンは、この目標に向けてトレーニングを積み重ねていきたいと思います。

 スキー部の一員としては、今年度は3年生が不在という年度の活動なので、1年生と協力し合ってやっていきたいです。また、チーム全体がレベルアップしていける様に、出来る限り自分で精一杯にならないよう努力していきたいと思います。

 変化することを恐れず、型にはまらない、自由な滑りを目指します。

 今シーズンもよろしくお願いします。

Photoゆかりは 6/13から遠征中であり、東京で体力測定を終えて、現在20日まで長野菅平高原にて全日本Jrチームの合宿中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

部員紹介【その3】

 今回は、1年山下 翔大(やました しょうだい)を紹介します。名寄から入学してきた生徒で、今年の全国中学大会に初出場した選手です。ただガムシャラに頑張ってきた感が強く、とにかく身体のあちこちが鉄板が入っているようにガチガチでしたが、ここ最近はその硬さが無くなり始めています。こちらも伸び白がいっぱいある選手であり、これからの本人の努力次第で名前に恥じない大きく翔るようになると期待しています。

 それでは、本人談です。

Photo ◎入学しての抱負

 ・自分で考え、わからないことは、きちんと人に聞く。勉強もしっかりやる。

◎今シーズンの目標

 ・先生に言われたことをしっかりと理解して走れるようになり、レースでも自然とできるようにする。身体を柔らかくする。

◎これからの自分に期待すること

 ・自分のフォームのダメなところを自分で考え、修正できるようにする。

◎チームの一員として

 ・周囲を良く見て、自分が何をするべきか考え、すぐに行動したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »